啓新校長日誌

2019年9月21日(土曜日)

今日の結果2019:09:21:22:52:06

  •  
  • 友だち追加数

サッカー部

全国高校サッカー選手権大会

福井県予選一回戦突破!

二回戦は23日。

男子バレー部

春の高校バレー福井県大会

二回戦突破、明日、準々決勝。

女子バレー部

二回戦敗退

硬式野球部

23日に延期。

頂点目指して、熱い戦いが続きます。

ノリを生み出し、ノリにノル。

まずは、言葉から、

ノリが生まれる言葉を使い、

アクティブエネルギーを生み出そう!

皆さんの応援よろしくお願いします!

2019年9月20日(金曜日)

3連休大会案内!2019:09:20:09:50:15

明日からの3連休も大会が山盛り!

勝負には良いノリが大切

難局であっても、難敵であっても、

ノリにノって挑んでいこう!

21日

・男女バレーボール(春高バレー予選)

・サッカー(全国高校サッカー予選)

・駅伝部(陸上新人戦)

・ソフトテニス部

22日

・硬式野球部(2回戦)

・男女バレーボール準々決勝・準決勝)

・サッカー(2回戦)

・駅伝部(陸上新人戦)

・ソフトテニス部

23日

・硬式野球(3回戦)

・サッカー(3回戦)

2019年9月17日(火曜日)

手塚雄二展(その2)2019:09:17:19:42:04

一流の文化・芸術・芸能に触れ、

感性を磨くメリットとは?

新しいアイディアがひらめく、
難問を解くヒントに気づく、

自己の間違いに気づく、
相手の弱点が見え、変化を感じる、
相手が仕掛けてくること予測できる、
新しい作戦がひらめく。
色使いや着こなしなど

ファッションセンスが良くなる、
調理技術や盛り付け、

メニュー構成が良くなる

センスが磨かれるということは

自分にアンテナがたくさん立ち、
様々な情報に気づくことができる力を

身につけるコトにもなります。
その力を身につけるためには、

文化・芸術・芸能などに

興味・関心を示すこと。
良いモノを見続ければ、

必ずあなたの感性が磨かれ、

人生は良い方向に進みますよ。

これから時代はますます

人工知能(AI)が台頭していきます。
論理的なモノは人工知能が

役割を果たしていく流れです。
このことは論理的な力が

不必要といっているわけではなく、

論理的な力をつける以上に、

非論理的なモノ、

例えば創造的、直感、感情、

そのような感性力が求められる時代に

入っているコトを意味します。

AI等が苦手とする分野を

人が担う社会になるということです。

良いモノに触れ、感じる。

それだけで感性が磨かれていきますよ。

一流の作品を見て

素敵な感動を味わってください!

今回は私の気に入った作品の

はがきの写真をアップします。

参考までに見てください。

ちなみに実物は1,000倍も美しいです。

IMG_1735[1].JPGこもれびの坂

大好きな作品です。IMG_1738[1].JPG
IMG_1745[2].JPG静刻

IMG_1740[1].JPGブルックリンの雨
IMG_1743[2].JPGおぼろつくよ

2019年9月16日(月曜日)

現代日本画の最高作品を!2019:09:16:15:52:00

めちゃめちゃ感動する作品展!

現在、福井県立美術館で

「手塚雄二展」が開催中。

手塚雄二先生と言えば、

明治神宮に奉納される

「日月花鳥絵図」を描かれた方。

(福井県立美術館でも公開されました)

早速、私も14日(土)に鑑賞。

今回展示してある作品は

現代日本画の最高作品と言っても

過言ではない作品ばかり。

ちなみに規模は過去最大。

日本一の美術館である、

「安立美術館」からも

作品を借りてきています。

回顧展のテーマは

「神さびる風景はここに極まれり、

光を聴き、風を見る」

私なりに解釈すれば、

絵を見る最大のポイントは

光や風をどのように五感で感じるか?

だと思います。

画家の絵はほとんどが風景画ですから、

誰でも、とても見やすいのが特徴。

私の感想は、

素晴らしいのひとこと。

絵に心が奪われる、引き込まれる。

心が癒やされる。

どうしたら人がここまで

風景を捉え描くことができるのか、

不思議にさえ思えます。

天が与えた才能といっても

過言ではありませんが、

話を聞くと、手塚先生は

なんと5浪して東京芸術大学に

入学されていたり、

なかなか作品が世に認められない時期も

あったそうです。

人に言えない苦労ってあるものですね。

様々な時を経て描かれた作品は、

ただただ眺めているだけで

幸せな気分になります。

美しいモノには、何か心が浄化される

エネルギーがありますね。

精神的にとても癒やされ、

幸せな気持ちになります。

一流のものに出会うことで、

人の感性は磨かれていくもの。

一流の良いモノに出会えば出会うほど、

審美眼が磨かれ、心が豊かになる。

心が豊かになれば人柄が良くなる。

人柄のいい人には良い出会いがあり、

チャンスが巡ってくる。これぞ好循環。

感性が求められる時代ですね。

ただ、難しいことは考えずに、

絵に興味関心がない人でも

一度は見てほしい作品展です。

必ず心から感動する絵に

出会えると思いますよ。

感動するって心にとって大事ですから。

会期は10月6日までです。

IMG_1724[1].JPG
IMG_1719[1].JPG
IMG_1722[1].JPG言葉はいりません、ただ見て、感じること。



2019年9月14日(土曜日)

引っ越し大名は福井にゆかり2019:09:14:21:48:19

映画「引っ越し大名」を

観にいってきました。

知ってましたか?

この映画は福井ゆかりの大名

松平直矩(なおのり)を

モチーフにしていることを。

ちなみに私は知りませんでした。

9月13日福井新聞コラムより。

「直矩は江戸前期、

越前大野藩主松平直基の

長男として生まれた。

直基は徳川家康の次男

結城中納言秀康の五男。

初代越前勝山藩主山形藩主も務め、

姫路藩に赴く前に死去し

直矩が後を継いだ。

結局、直基系松平家は

幕末までに大名家最多の

12回の国替えをした。」

一般にはあまり知られていない事実。

私もこのコラムを見て、

福井県人として行かねば

との思いに駆られいってきました。

国替えとは相当大変なこと

当時は幕府の統制手段として行われ、

莫大な費用とともに城の受け渡しや

長距離移動などの大変な労力を

要するモノだったようです。

この映画は引っ越しを巡る騒動を

コミカルに描いてますが、

その大変さはおそらく我々の想像を

遥かに超えるものだと思います。

作品から私が感じた学びは三つ

書物からの学びは、

今の課題解決にも役に立つこと。

知恵と工夫で

難題は乗り越えられること。

(必ず何か良い解決方法がある。)

仲間を思い、思いやる気持ちを大切に、

そして具体的行動に表すこと。

(思うだけでなく行動に移す)

以上が私が感じた三つの学び。

見ていただくと

共感していただけると思います。

映画って本当に学ぶことが多いです。

よければ皆さんも一度見て下さいね。

IMG_1718[1].JPG
caption

2019年9月19日
啓新新聞PDF Vol.19 を発行しました。
2019年9月19日
優秀賞受賞!
2019年9月19日
男子ソフト卒業生も活躍!
2019年9月18日
ベストスラッガー賞受賞!
2019年9月18日
熱量賞!
2019年9月17日
硬式野球部1回戦スナップ!
2019年9月17日
手塚雄二展(その2)
2019年9月16日
現代日本画の最高作品を!
2019年9月16日
硬式テニス新人戦スナップ!
2019年9月15日
準優勝!
2019年9月15日
初戦突破!
2019年9月14日
引っ越し大名は福井にゆかり
2019年9月13日
3連休大会案内!
2019年9月13日
テニス新人戦スタート!
2019年9月12日
選手権・組み合わせ決定!

検索


PICK UP

  • 生徒募集要項 啓新高校 募集要項のお知らせ
  • 啓新高校校長日誌 啓新高校をブログで紹介 毎日更新中!
  • 啓新高校部活動
  • お問い合わせ
  •  教職員採用情報
  • 啓新高等学校 通信制

行事予定

  • 啓新高校 年間スケジュール

公式SNS

  • 啓新高校オフィシャル facebook
  • 校長のつぶやき twitter
  • 啓新高校オフィシャル Instagram
  • 啓新高校公式チャンネル YouTube
  • 啓新高校公式 LINE@
  • LINE 友だち追加