啓新校長日誌

2018年10月10日(水曜日)

今週の校長講話!2018:10:10:11:37:47

  •  
  • 友だち追加数

昨日、校長講話を実施しました。

今日のテーマは、「明治150年記念

第73回国民体育大会

福井しあわせ元気大会について」です。

様々な競技で各県選手が活躍した

福井国体も今日で閉幕。

終わりを迎えればあっという間でしたね。

特に今回の福井国体は明治150年記念。

少し明治の年号について調べてみると、

意外な事実がわかりました。

実は明治という元号は福井藩主

松平春嶽公が考えられた候補の

一つであったということです。

春嶽公が明治という元号を改元の候補に挙げ

その中から明治天皇が正式に命名。

1868年9月8日より

元号が明治と定められました。

それから100年後に一巡目、

150年後に二巡目の福井国体が開催。

47都道府県が持ち回りの国体開催が

なぜ か節目の年に福井で開かれるのは

単なる偶然なのかもわかりませんが、

何か不思議な縁というものを感じます。

さて、今回の国体は福井が2回目の天皇杯、

そして初の皇后杯を獲得。

本当に喜ばしいことですね。

正直私は、始まるまでは、

天皇杯をとれる可能性は50%と見ていました。

国体強化の全体像がわからなかったことと、

東京2020の影響で優秀なアスリートが

東京に集まっているということで、

優勝は難しいかなとも感じていました。

ちなみに昨年の愛媛、

一昨年の和歌山は天皇杯を逃し、

2年連続で東京が総合優勝しています。

その強豪東京を相手に、

小さな福井県が奮闘し、

見事になしとげた総合優勝は価値がありますね。

勝負事はやってみなければわからないもの。

ただし、そこに至るまでの周到な準備が

あってこその勝利であることも

忘れてはいけませんね。

万全な準備と粘り強い挑戦。

この二つが一つになって起こしたミラクル。

人生においても同じ事が言えますね。

準備と挑戦にベストを尽くせば奇跡は起きる。

常に起きるわけではありませんが、

奇跡は常に準備と挑戦に

ベストを尽くしたものだけに起きる。

福井国体で学んだことです。

自らの可能性を信じ、挑戦あるのみ!

検索


PICK UP

  • 生徒募集要項 啓新高校 募集要項のお知らせ
  • 啓新高校校長日誌 啓新高校をブログで紹介 毎日更新中!
  • 啓新高校部活動
  • お問い合わせ
  • 啓新高等学校 通信制

行事予定

  • 啓新高校 年間スケジュール

公式SNS

  • 啓新高校オフィシャル facebook
  • 校長のつぶやき twitter
  • 啓新高校オフィシャル Instagram
  • 啓新高校公式チャンネル YouTube
  • 啓新高校公式 LINE@
  • LINE 友だち追加