啓新校長日誌

2018年4月19日(木曜日)

技能五輪福井県予選(写真)2018:04:19:17:25:14

  •  
  • 友だち追加数

日本料理の腕前を競う、

技能五輪全国大会

福井県予選会の様子を写真で。

18041901.jpg18041902.jpg18041905.jpg18041906.jpg18041907.jpg18041910.jpg18041912.jpg

2018年4月18日(水曜日)

技能五輪全国大会福井県予選会2018:04:18:13:08:23

和食を極めていく!

本日、日本料理部門技能五輪

全国大会福井県予選会が

本校で行われました。

参加選手は11名。

内訳は、本校生徒3名。

料亭・料理屋・ホテルの

若手和食料理人8名(内卒業生5名)

予選の内容は、制限時間内に

三つの課題を作り上げる。

この三つの課題の中には、

日本料理に必要な技術が

全て詰まっていると言っても

過言ではない内容です。

選手は食材に対して真心を尽くし、

日頃鍛えた技術を作品に込めていました。

この予選会に挑む意味は、

やはり調理技術の向上と

和食に対して臨む姿勢を学ぶ事。

高校生にとってはよい学び、

そして経験の場となったことは

間違いありません。

一つの目標に対して誠実に臨み、

惜しみない努力を積めば

必ず返ってくるものがあります。

順位を競うことは、

目標の一つではありますが、

それ以上のものが結果から

得られることが挑戦の意義。

自分を進化・成長させることが大切。

そのためには鍛錬を続けること。

鍛錬とは、

「千日の稽古を持って鍛とし、

万日の稽古を持って連とす」

と言われています。

3年で基礎を定着させ、

30年で揺るぎない域に達すること。

つまり、稽古の持続・継続の大切さを

言わんとしています。

奥が深いですね。

技術の習得に終わり無し。

さらに、その過程で創意工夫を加えることで、

新しい技術も生まれてくるものです。

皆さんの技術向上により、和食の伝統文化が輝き、

華やかになっていくことを期待してますよ。

将来、おいしい笑顔をたくさん作り出してください。

2018年4月17日(火曜日)

言葉には人を動かす力がある!2018:04:17:17:51:08

行動しなければ、

失敗は100%無い。
 
成功も100%ないけどね
 
ウェイン・グレツキー

30710606_1646494768721087_3433774710465232896_n.png
 

2018年4月16日(月曜日)

校長講話!2018:04:16:18:23:48

今日の校長講話の内容です。

テーマは、「ルールはなぜあるのか?」

ルールについては、

最もわかりやすい例は拳銃使用規制の問題。

先日、滋賀県彦根市で、

拳銃による痛ましい事件が起こりましたが、

日本では銃の使用は厳しく規制されています。

一方、アメリカではどうでしょう。

銃の規制に関しては日本とはかなり違います。

そのため幾たびも銃による乱射事件が勃発し、

尊い命が数多く失われています。

学校でも使用され、

同年代の若者の命が多数失われていますね。

日本は銃に対して厳しいルールが

設定されているからこそ、

拳銃使用による犯罪は極めて少ないといえます。

このルールは安心・安全ですよね。

ルールといえば学校には校則があります。

これも集団生活の中で、全員が安心・安全に、

気持ちよく生活していくためにあるものです。

そして、もう一つ校則には意味があります。

それは、高校時代は横道へそれずに、

自分の可能性を見つけ・磨く時間にするためです。

高校時代にやるべきことは

自らの目標に向かって邁進し、内面を磨くこと。

外面の美しさは高校卒業してもできること。

iPhoneを世に送り出したスティーブジョブスは

黒のタートルネックかTシャツにジーンズという

ほぼ一年中同じ格好をしていました。

彼にとっては今日何を着るかを

悩んでいる時間はとっても無駄なもの。

それ以外に考えないといけないことに

時間を優先していたというエピソードがあります。

人間一人一人に与えられた時間は有限です。

その有限な時間を有効に使ってこそ、

無限の可能性が拓かれていきます。

生徒諸君にもこの世に生を受けた意味があります。

自分自身は唯一無二の存在。

高校時代だからこそ自分の可能性を信じて、

その可能性を探す挑戦、活かす挑戦、

磨く挑戦に時間を使っていくようにしましょう。

その先には充実した未来がまっていますから。

ただ、服装については清潔感を大切に。

2018年4月15日(日曜日)

手話部が新聞に!2018:04:15:15:25:06

本日の福井新聞に手話部が
掲載されました。

地道な活動が地域の方々に喜ばれています。

手話を通じてのコミュニケーションは、
決して簡単ではありませんが、
身につける事によって、
自分の力を障害のある人のために
活かしていくことができますね。

人は一人で生きていくことはできません。
故に、社会は様々な役割で成り立っています。

自分の力はどこかで誰かの役に立つもの。
気づいて行動するか否かの違い。

行動すると世界が広がりますよ。
手話から世界を広げてみてみいいかも!

そして今年は障害者スポーツ大会も福井開催。
活躍の場も広がりますね。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
2018年4月15日
手話部が新聞に!
2018年4月14日
言葉には人を動かす力がある!
2018年4月13日
組み合わせ決定!
2018年4月12日
授業開始!
2018年4月11日
部活紹介!
2018年4月10日
オリエンテーション!
2018年4月 9日
始業式!
2018年4月 8日
言葉は人を動かす力がある!
2018年4月 7日
第21回入学式!
2018年4月 6日
明日は待ちに待った入学式!

検索


PICK UP

  • 生徒募集要項 啓新高校 募集要項のお知らせ
  • 啓新高校校長日誌 啓新高校をブログで紹介 毎日更新中!
  • 啓新高校部活動
  • お問い合わせ
  • 啓新高等学校 通信制

スクールライフ

  • 啓新高校 年間スケジュール
  • 啓新高校オフィシャル facebook
  • 校長のつぶやき twitter
  • 啓新高校オフィシャル Instagram
  • 啓新高校公式チャンネル YouTube
  • 啓新高校公式 LINE@
  • LINE 友だち追加